新宿区大久保駅徒歩1分。キッズダンス・ミュージカルスクールDance with meの八重樫円です。

9月始まりましたね。

楽しい、楽しい夏休みが終わり、新学期ですね。

私も子供のころの夏休みの記憶は、特別です。夏といえば、舞台でした。

お母様方は、夏休みお疲れ様でした。疲れが出て、体調など崩さないようにお気をつけくださいね。

この夏、所沢市の小学校3年生から高校1年生の子供達60人と7日間で、ミニミュージカルを作るという現場にいました。

25分の作品ですが、ダブルキャストで、歌が3曲、もちろん踊りもあり、台詞全員にあり、歌、ダンス、芝居未経験な子供達が7日間で作り上げるには、とてもハードな作品でした。

しかも演出の犬石隆先生は、「マリアと緑のプリンセス」の東京・大阪公演の本番のため、不在の日もあり、まさに、てんてこまいでした。

というのも、稽古初日から、演出から子供達に求められるレベルはかなり高く、未経験の子供達だからというのは一切許されず、妥協もなく、まさに舞台を作り上げる現場の空気そのものでした。なので、当然私もそのように進めなくては。

とはいえ、初めての子供達がすんなり、あれもこれもこなせるわけがなく、私も、60人の子供達も戦いで、やむおえず、人をチェンジしたり、しっかり覚えてこない子は、後ろになったりしました。

舞台の上では、当たり前のことを、繰り返し繰り返し教えつつ、進んでは戻り、最終日の稽古も終わり、もう本番は、何も助けられないぞと思いながら、見守りました。

本番は、超満員のお客様が入り、鳴り止まない拍手の中、太陽のような、笑顔で演じていました。荒削りだけど、あのパワーさえあれば、十分伝わるなぁという感じでした。

誰にでも初舞台はあって、成長していくわけで、それを目の当たりにした瞬間でした。

7日間本当に頑張りました。