小㞍健太さんのワークショップが終了しました!

新宿区JR大久保駅徒歩1分。ダンス・ミュージカルスクールDance with meの八重樫円です。
9/9(土)に通常レッスンの中に特別講師、小㞍健太さんをお招きして特別ワークショップをしていただきました。

バレエの遙子先生が幼少の頃より一緒にレッスンをしてきた方で、このワークショップが実現しました。

遙子さんは、いつも子供達の成長を第一に考えてくれ、私がスタジオの方針や、レッスン体制について考えてるときに、とても助けられています。

遙子さんから、

彼がやってきたことは、本当に一流なので、子供達にとってとてもいいと思う。と。

本当にその通りでした。

私は、まだ踊りを始めて間もない子供達がどこまで対応できるのかが心配だったのですが、そんな心配は不要でした。

子供達は、小㞍さんに導かれながら、自由に、楽しく、驚くほど積極的に動いていました。

踊ることで、小㞍さんや、メンバーとコミュニケーションを取り始め、自分の世界観のしっかり見せてくるものだから、私はびっくりして、涙が出てしまいましたね。

初対面の人とコミュニケーションを取るのが得意な子ばかりではないので(;_;)

子供達はいろんなものを引き出されていることに気がついているのだろうか??

これが、表現することの本質なんだと思いました。表現することが、怖くなったここに戻ればいいんだと、感じされられる、素晴らしい時間でした。

どんどんのめり込んでいく子供達を見れて本当に嬉しい。

小㞍さん、遙子さんありがとうございました!

小㞍健太
ダンサー/コレオグラファー

1999年ローザンヌ国際バレエコンクールにてプロ・スカラーシップ賞を受賞。モナコ公国モンテカルロバレエ団を経て、ネザーランド・ダンス・シアターに在籍し、世界的振付家イリ・キリアンに師事する。2010年よりフリーランスとなり、自作自演ソロ『のちのおもひに』、能楽師津村禮次郎とバレリーナ酒井はなのために振り付けた『トキ』(日中韓芸術祭2013招聘作品)、『TSURU』(アジアソサエティとヒューストンバレエ団共同制作)、原美術館にて空間と環境を生かしたソロパフォーマンス『Study for Self/portrait』など国内外で意欲的に創作活動を行っている。また、オペレッタ『メリーウィドウ』(茂山童司演出)、ミュージカル『エリザベート』『ロミオ&ジュリエット』(小池修一郎演出)、「夏木マリ印象派NEO」への振付提供、新国立劇場バレエ研修所 コンテンポラリーダンス講師、(公財)日本スケート連盟フィギュアスケート 全日本合宿 表現トレーニング講師など多方面で活躍。

小㞍健太さんHP

“>動画

インタビュー記事

来月ある公演↓

ワークショップの直前にあった公演↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA